生活を変えるタイミングとは?

フリーターをしている人は10代から20代前半にかけては結構な割合でいます。
フリーターという言葉は1990年代頃広まった言葉ですが、就職をせずにお気楽なアルバイトで生活をしていこうと考えている人や、将来的に目指す職業がある、難しい資格試験に合格したい、という理由で続けている人が多いのです。
ただ、10代や20代のうちはそれでいいかもしれませんが、長期的に自分の人生を考えた時にいろいろな面で不利になります。
例えば就職をする時や結婚をする時にはどうしてもマイナスなイメージが付いているため、よほど他に魅力がなければ世間的には難しいのです。
また、金銭的にも同じ世代で会社員をしている人と比べると年収で100万円から200万円は違ってきてしまいます。
さらに言えば、保険を支払う額も会社員に比べると何割か多めに支払わなければならないのです。
そこで、どのくらいまでならフリーターとして猶予があるのでしょうか。
一般的には29歳までであればまだ後戻りは可能になります。
もちろん、20代のうちに他の人がやっていることはできなくなりますが、後戻りをしてその後の人生を安定させるには時間制限があり、20代がギリギリということです。
このように時間制限を設けるとその期間の過ごし方が充実します。
しかしすでに20代を過ぎ、40代になってしまったフリーターにも希望はあります。
体力的にしんどくなる40代ですが、農作業や牧場作業などの仕事をしている人は年配のフリーターが多いのです。
しかも田舎に行くと家賃は2万円という所もあり、贅沢はできないものの自由で余裕のある暮らしができます。
ずっとフリーターでいたい人は、田舎暮らしで貯金をしていくという手もありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です