将来後悔しない生き方をしたいなら

一昔前まではフリーターという言葉を聞くと、何となくネガティブな印象を受けてしまう人も少なくありませんでした。
高校、大学を卒業しても正社員として就職する事が無く、アルバイト生活を続けるという事は良くないといった、特に高齢者からの偏見が数多くありました。
つい最近まで日本では終身雇用制度と呼ばれる制度で、新卒で入社した企業に一生勤めるという働き方が定番でした。
しかしながら、現代社会では様々な働き方を自分で選ぶ事の出来る時代となりました。
自分の得意分野を活かしたフリーの仕事をしたり、またはフリーターと呼ばれるアルバイト生活を行う若者は近年急増しています。
こうした背景には、終身雇用制度の崩壊により、一生自分が会社に面倒を見てもらう事が出来るという事が不確実である事に労働者が気づいた点が挙げられます。
つまり、フリーアルバイターとして自分の好きな時間に働き、余った時間を好きなように利用する事は、人間らしい生活を送るための策としては非常に理にかなった働き方であるという事が言えます。
しかしながら、向上心を持たずに働く事は推奨される事ではありません。
なぜなら、若いうちは体力があるので問題ありませんが、段々と年を重ねていくうちに体力的な衰えが起こっても転職できずに、「こんな事なら手に職をつけておくんだったなぁ」と後悔してしまう事もあるからです。
また、選ぶ事の出来る職業の幅も狭まってしまう点から、フリーターとして働き続ける場合であっても、常にスキルアップを意識し、将来いろいろな職場で活躍する事の出来る技術を手に入れる事が大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です