シェアハウスで生活してみよう

フリーターでよくある問題点は経済面・健康面です。
お金がないと生活がなりたちません。
稼ごうとしてたくさん仕事を埋めると健康面でガタがきます。
ただ、何についてストレスを感じるかは人それぞれです。
お金は最小限でよく、その分自由に生きたい人には適しています。
それでも若い時は良いですが歳をとるときつくなります。
そこで、何年か前から流行っているシェアハウスのような場所に住んでみては良いのではないでしょうか。
人間は一人では生きていけません。
一匹狼な人間嫌いな人でも一生一人で生きていくことは無理です。
話す人、自分の事を気にかけてくれると思える人がいないと無理です。
フリーター同士、皆で生活をしていくことが、経済面・健康面で良いのではないでしょうか。
今の時代、隣人と挨拶をしない、誰が住んでいるかも分からないことが多いです。
何十年か前までは、挨拶をしたり、叱る人がいたり、困った時はお互い助け合う時代でした。
国の保障制度もありますが、まずは近場で助け合うことが今後のフリーターの生き方ではないでしょうか。
世の中には、社会に縛られたくない、夢がある、正社員になりたいけどなれない、いろんな事情の人がいます。
誰ががいる、自分は一人じゃない、にこっと笑いあえる人がいることにより、不安が減ります。
誰とも話したくない、一人でいたい時は一人の世界にこもれば良いと思います。
「少し誰かと話したいなぁ」という時に気軽に話せるのが身近な人なのです。
家賃の節約にもなるシェアハウスで、何でも相談できる友人作りをしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です