収入には限界があるが自由もある

フリーター生活を続けていくうえで、いちばんのネックになることといえばそれは収入の問題です。
頑張って働いても、なかなか収入が伸びていかないというのがアルバイト生活の実情です。
たとえば時給900円で1日8時間、週に5日勤務したとしても、1か月で換算すれば14万円ちょっとくらいにしかならず、賃貸住宅で一人暮らしをしているという場合、これだけではかなり家計は厳しくなると言わざるを得ません。
家賃や生活費のほかに、一人暮らしをするとなれば年金や保険なども支払っていかなければなりません。
それをすべてその14万円の中から出していかなければならないというのは、かなり厳しいかもしれません。
やはり最低でも手取りで20万円ほどはお金が必要になってきます。
フリーターであっても20万円稼げないことはないかもしれませんが、そうなれば残業などをしなければいけなかったり、ダブルワークをする必要があったりなど、苦しい状況を強いられることにもなりかねません。
そもそもどうして20万円という数字が基準になるかと言えば、これがだいたい新卒者が正社員として得る収入の平均値だからです。
つまりは、たくさん働いても結局20万円くらいがフリーターとして得られるお金の限度なのだとすれば、正社員として働いてしまった方が楽でもあるということです。
しかしながら、やはりフリーターの魅力というのは、休みたい時に休める自由なところです。
行ってみたかった旅行やライブなど、休みを取って行く事が可能なのです。
そこで、収入が少なくて苦しいアルバイト生活をしていても、今後もフリーターのままでいたいなら、あとは節約する事を覚えるしかありません。
コンビニに行かない、まとめ買いをして自炊する、などこれだけでもかなりの節約に繋がるので試してみてください。
そういえば、そんなフリーター生活を応援しているサイトを見つけました。
フリーターのみなさんは是非チェックしてみてください。>>>http://kimama-freeterslife.com<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です